岩手県立美術館

企画展

巨匠が愛した美の世界 川端康成・東山魁夷コレクション展

日時
2017年7月1日(土)~8月20日(日)
場所
企画展示室        

詳細

ノーベル賞作家の川端康成と戦後日本を代表する画家の東山魁夷。二人の巨匠が愛した美術品の数々をご紹介するとともに、平成28年末に発見された川端コレクションの新資料を初公開します。

会  期: 2017年7月1日(土)─8月20日(日)
会  場: 企画展示室
開館時間: 9:30-18:00(入館は17:30まで)
休 館 日:

月曜日(7月17日、8月14日は開館)、7月18日 

※7月21日(金)は9:30ー21:00(入館は20:30まで)

主  催: 岩手県立美術館、岩手日報社、IBC岩手放送、公益財団法人川端康成記念会、公益財団法人岩手県文化振興事業団、川端康成展実行委員会
後  援:
一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、TBC東北放送、エフエム岩手、ラヂオもりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 ゆうゆう
観 覧 料:

[一般] 前売り1,000円(当日1,200円)、[高校生・学生]前売600円(当日700円)、[小学生・中学生]前売400円(当日500円)
*20名以上の団体は、前売料金と同額で観覧できます。
*療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額になります。
*生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族又は岩手県芸術文化協会会員証をご提示の賛助会員は前売料金と同額で観覧できます。
*企画展観覧券で常設展もご覧になれます。〔7月11日(火) ー 13日(木)は展示替えのため常設展はご覧いただけません〕。

【前売券販売所】岩手県立美術館、岩手県民会館、岩手日報社事業部、

指定プレイガイド 〔カワトク/アネックスカワトク/フェザン/イトーヨーカドー花巻店/東山堂書店/さわや書店/江釣子SCパル/メイプル/いわて生協/ローソン(Lコード:21441)/セブン‐イレブン〕 

*販売は6月30日まで。

*前売券の販売は終了しました。



新発見の川端の所蔵品、この夏岩手で初公開。

川端康成(1899-1972)は、日本で初めてノーベル文学賞を受賞した小説家ですが、独自の審美眼で、幅広い時代の美術品を収集しました。浦上玉堂の代表作《凍雲篩雪図》(とううんしせつず)(国宝)や、池大雅《十便図》(国宝)と与謝蕪村《十宜図》(国宝)など、江戸美術の名品が含まれています。また昭和初期に交流のあった油彩画家の古賀春江、川端が才能を見いだした若き前衛芸術家の草間彌生、そして木工作家の黒田辰秋など、絵画と工芸に通じた視野の広さを感じることができます。

 なかでも、日本画家である東山魁夷(1908-1999)とは、川端が東山の画集にしばしば序文を寄せ、東山は川端作品の挿絵や装丁を手掛けるなど深い交流がありました。《北山初雪》は、ノーベル賞受賞記念に東山が川端に贈った作品です。

 東山も川端と同様に、東西の古美術から近現代美術に至る作品を収集しました。こうした美術品を通じて二人は対話し、美についての思索を深めて刺激しあったのです。本展では、川端と東山のそれぞれの収集品を紹介し、二人の巨匠が心から愛した美の世界に迫ります。

 なお、本展では川端文学の最高傑作の一つである『伊豆の踊子』を生み出すきっかけとなった川端の恋愛と破局について、コーナーを設けてご紹介します。若き学生であった川端の初恋の相手は、岩手に縁のある清楚な女性・伊藤初代でした。二人は将来を約束しあうも一転、破局に至り、川端は失恋の痛手に苦しみます。その経験を基に『伊豆の踊子』が執筆されました。本展では二人の手紙や写真を展示し、川端文学の創作の源泉に迫ります。

 また、平成28年末に川端邸で新たに確認された90点余りの資料のなかから、芥川龍之介や永井荷風の書簡、夏目漱石をはじめとする文豪たちの書など、川端の眼を通したもう一つの文学史ともいえる作品の数々を公開します。これらの新資料は、全国に先駆けて、岩手県立美術館で初公開となります。

東山魁夷《北山初雪》1968(昭和43)年 公益財団法人川端康成記念会蔵


国宝作品の展示予定について

川端康成コレクションに含まれる下記国宝作品は、作品保全のため公開できる期間が限られています。そのため、次の通り展示替えを行いますので、ご了承下さい。

 

(1)  十便図(池大雅筆)・十宜図(与謝蕪村筆)

会期中、画面を替えながら各帖とも全図を公開予定

 

十便図

十宜図

公開期間

〈耕便〉

〈宜春〉

7月1日(土)〜7月6日(木)

〈汲便〉

〈宜夏〉

7月7日(金)〜7月12日(水)

〈釣便〉

〈宜秋〉

7月13日(日)〜7月17日(月祝)

〈灌園便〉

〈宜冬〉

7月19日(水)〜7月23日(日)

〈課農便〉

〈宜暁〉

7月25日(火)〜7月29日(土)

〈浣濯便〉

〈宜晩〉

7月30日(日)〜8月3日(木)

〈樵便〉

〈宜晴〉

8月4日(金)〜8月8日(火)

〈防夜便〉

〈宜風〉

8月9日(水)〜8月12日(土)

〈吟便〉

〈宜陰〉

8月13日(日)〜8月16日(水)

〈眺便〉

〈宜雨〉

8月17日(木)〜8月20日(日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)凍雲篩雪図(浦上玉堂筆) 公開日 平成29年7月1日・2日、及び7月19日~30日
※上記以外の日は、複製品を展示します。

関連イベント

  • 開催記念講演会「川端康成を語る」
    講師:川端香男里氏(公益財団法人川端康成記念会理事長)
    日時:2017年7月1日(土) 14:00-15:30
    場所:ホール
    *参加ご希望の方は当日直接ホールへお越し下さい。観覧券又は半券の提示が必要です。
  • スペシャル・ギャラリートーク
    講師:水原園博氏(公益財団法人川端康成記念会東京事務所代表)
    日時:2017年7月29日(土) 14:00-15:00
    場所:企画展示室
    *本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示室へお越しください。
     
  • アートシネマ・上映
    『恋の花咲く 伊豆の踊子』 弁士伴奏付き無声映画上映
    日時:2017年7月16日(日) 14:00-15:50(開場13:30)
    弁士:澤登翠氏
    ピアノ伴奏:柳下美恵氏
    場所:ホール
    *鑑賞ご希望の方は当日直接ホールへお越しください。観覧券又は半券の提示が必要です。
     なお参加多数の場合は入場を制限させていただく場合がございます。
     
  • 学芸員講座「川端康成と浦上玉堂」
    講師:吉田尊子(当館学芸普及課長)
    日時:2017年8月5日(土) 14:00-15:00
    場所:ホール
    *参加ご希望の方は当日直接ホールへお越し下さい。参加無料です。
     
  • 川端と東山のコレクション鑑賞ツアー
    日時:2017年8月14日(月) 11:00-12:00/15:00-16:00(各60分)
    場所:企画展示室
    定員:各回25名(先着順。各回30分前より受付開始)
    *本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示室へお越しください。
     
  • ギャラリートーク
    日時: 7月7日(金)8月4日(金)8月18日(金)いずれも14:00-(30分程度)
  • 場所:企画展示室
    *本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示室へお越しください。

◎展覧会会期中は、レストラン「パティオ」にて特別メニューをお楽しみいただけます。

所蔵品検索
蔵書検索

岩手県立美術館

所在地
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
電話
019-658-1711
開館時間
9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日(ただし月曜日が祝日、振替休日の場合は開館し、直後の平日に休館)
年末年始(12月29日から翌年1月2日まで)