岩手県立美術館

企画展

花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼

日時
2017年9月2日(土)~10月15日(日)
場所
企画展示室        

詳細

『暮しの手帖』誌を創刊、工夫とアイデアによる豊かな暮らしを提案した稀代の編集長、花森安治。表紙原画など約740点を展示し、その仕事をご紹介します。

会  期: 2017年9月2日(土)─10月15日(日)
会  場: 企画展示室
開館時間: 9:30-18:00(入館は17:30まで)
休 館 日:

月曜日(9月18日、10月9日は開館)、9月19日(火)、10月10日(火) 

※9月22日(金)は9:30ー21:00(入館は20:30まで)

主  催: 岩手県立美術館、テレビ岩手、読売新聞社、美術館連絡協議会、公益財団法人岩手県文化振興事業団、花森安治展実行委員会
後  援:
一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日報社、盛岡タイムス社、NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオもりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 ゆうゆう
特別協力:
暮しの手帖社
協  賛:
ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
観 覧 料:

[一般] 前売900円(当日1,000円)、[高校生・学生]前売500円(当日600円)、[小学生・中学生]前売300円(当日400円)
*20名以上の団体は、前売料金と同額で観覧できます。
*療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額になります。
*生協組合員カードをご提示の組合員およびそのご家族は前売料金と同額で観覧できます。
*企画展観覧券で常設展もご覧になれます。〔10月3日(火) ー 6日(金)は展示替えのため常設展はご覧いただけません〕。

【前売券販売所】岩手県立美術館、岩手県民会館

指定プレイガイド 〔カワトク/アネックスカワトク/フェザン/イトーヨーカドー花巻店/東山堂書店(肴町本店・イオン前潟店・イオン南店・三ツ割店・都南店・北上店)/さわや書店本店/江釣子SCパル/メイプル/いわて生協(コープ高松・ベルフ仙北・ベルフ山岸・ベルフまつぞの・ベルフ青山・ベルフ牧野林・ベルフ八幡平)/テレビ岩手アカデミー/ローソン(Lコード:22854)/セブン‐イレブン〕 

*販売は9月1日まで。

*前売券の販売は終了しました。



終戦まもない1948年、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主人公のモチーフとなった大橋鎭子(おおはし・しずこ)とともに、生活家庭雑誌『美しい暮しの手帖』(のちの『暮しの手帖』)を創刊した花森安治(1911-1978)。「衣・食・住」を基本にすえた同誌では、もののない時代には、工夫とアイデアによる豊かな暮しを提案、電化製品が普及した高度成長期には「日用品の商品テスト」を実施しました。さらに、食品添加物や公害問題が叫ばれた70年代には、社会の矛盾を鋭くえぐる批評を誌面で展開し、ペンで権力に挑みました。30年間にわたり一切広告を入れず、発行100万部に迫るまでに成長した『暮しの手帖』を率いて、表紙画やカット、誌面レイアウト、広告デザインなど、取材や執筆はもとより、雑誌の制作から宣伝まで、すべてを手がけたのが編集長・花森安治でした。

 本展では、表紙原画をはじめとする約740点の作品・資料を展示し、戦後日本の出版文化に計り知れない影響を与えた『暮しの手帖』が庶民に向けて発信したメッセージに改めて耳を傾けます。また戦時中の大政翼賛会での仕事にも着目しつつ、花森が全身全霊をかけて打ち込んだ出版活動を、ひとつの雑誌を超えた「運動」として捉え、その多彩な仕事をご紹介します。

《『美しい暮しの手帖』1世紀1号
表紙原画》1948年9月
世田谷美術館蔵


関連イベント

◎展覧会会期中は、レストラン「パティオ」にて特別メニューをお楽しみいただけます。

所蔵品検索
蔵書検索

岩手県立美術館

所在地
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
電話
019-658-1711
開館時間
9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日
月曜日(ただし月曜日が祝日、振替休日の場合は開館し、直後の平日に休館)
年末年始(12月29日から翌年1月2日まで)